第1回 10月4日(日)10:00-12:00
「どのような塾があって、どのような学校があるのか。」

講師 浜野裕希
授業内容
①どのような選択肢があるのか。
詳細:公立中学→公立高校→国立大学→大手企業、私立中学→私立高校→専門学校→医療関係などの大枠の道筋を今までのデータから紹介。
②どのような塾,学校があるのか。
詳細:集団,個別,家庭教師,フリースクールの用途とその中での違い、学校の特色と進学実績などを紹介。
③かかるお金と補助金について。
詳細:それぞれの学校、塾でかかるお金、補助金や奨学金の種類を紹介。

講師 大西啓太
授業内容
①教育におけるレントゲン
詳細:医療現場では聴診器やレントゲン,CT,PETなどの細部まで見ることができる検査があるが、教育ではどのような検査があるのか。
②WISCⅣという検査
詳細:それらの検査の中でもWISCと言われるものについて。
③子どものタイプと勉強方法
詳細:それらの検査から分かったことをどうやって勉強方法に結びつけるのか。

 

第2回 10月11日(日)10:00-12:00

「能力の伸ばし方と、習い事の選び方。」

講師 大西啓太
授業内容
①IQとEQについて。
詳細:直感的ではなく、科学的に能力を測ることができるIQとEQ。様々な能力を測ることにより、個人の強みと弱みを把握した上で様々な判断をすることができる。
②IQとEQを測る検査について。
詳細:IQとEQを測る検査には様々なものがあるが、それぞれの違いや見方について。
③結果に結びつく能力とは。
詳細:様々な能力が科学的に測れたとして、どの能力が一番結果に結びつくのかを最先端の研究結果をもとに考えていく。

講師 浜野裕希
授業内容
①様々な習い事について。
詳細:最近増えてきた、ダンス、ロボット、プログラミング、実験教室。今までの定番である、学習塾、書道教室、水泳教室、ピアノ教室など、様々な習い事がある中で、どのような能力が鍛えられ将来的にどう結びついていくのか。
②早期英語教育について。
詳細:親御さんの中でも人気の英会話教室。しかし、早期英語教育は良くないと言っている学者もいたりします。早期英語教育はするべきだと述べている人たちの論文、しない方がよいと述べている人たちの論文の内容を分かりやすくまとめた上で、中立的な立場から考えます。
③習い事のタイミングについて。
詳細:人間の発達過程で、特定の能力が伸びやすい時期、伸びにくい時期があります。それらの時期を科学的なデータを基本として、習い事のタイミングについて考えていきます。

注意事項
・応募が定員(30名)を越えますと、先着順とさせて頂きます。

 

参加される方は以下に入力をお願いいたします。
質問等がございましたら、「メッセージ本文」のところにお願いいたします。

参加日
 10/4(日) 10/11(日)

お名前 (必須)

付き添いの方のお名前

お子様の年齢

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

メッセージ本文